メガネについて

  • 近視、遠視、乱視、老視(老眼)のメカニズム
  • 遠近、中近、近近両用レンズの長所と短所
  • カラーレンズの効用

近視、遠視、乱視、老眼のメカニズム

近視とは

近視のメカニズム

近視(近眼)とは、物体の像が角膜や水晶体を通過する際に屈折の異常を来たし、網膜の前方で焦点が合ってしまう現象です。水晶体はカメラにたとえると、カメラレンズと同様の役割で、水晶体が厚くなるとピントが近くに、薄くなるとピントは遠くにあうようになります。網膜はたとえるとスクリーンの役割です。水晶体が厚すぎると網膜の手前でピントがあってしまい、網膜上ではピントがあっていません。この状態を屈折性近視と呼びます。近視の見え方は、近くのものははっきりと見えますが、遠くのものはぼやけてしまいます。

遠視とは

遠視のメカニズム

遠視というのは、文字の印象からか、「遠くはよく見える・近くがぼやけてしまう」いわゆる近視の反対だと考えてしまいますが、それは違っています。実際は、目に入ってきた映像は網膜(スクリーン)より後ろでピントがあってしまい、近くの焦点も合わない状態です。つまり、近くの物を見るときも、遠くの物を見るときも焦点があっていない状態です。遠視の人が遠くの物をハッキリと見るためには、水晶体を薄くしなければならず(調節と言います)、常に調節をしていると、眼精疲労を起こしやすくなります。

乱視とは

乱視の種類

乱視というのは、目に入った光の焦点が結ばない状態で、目の形自体が少し楕円形に変化し、縦方向と横方向のバランスが崩れています。物が二重に見えたり、かすんで見えたりします。上下方向がぶれるようにゆがむ乱視を直乱視、逆に、水平方向だと倒乱視と呼びます。

老視(老眼)とは

老視(老眼)というのは、簡単にいうと目のピント機能の衰えです。個人差はありますが40~45歳くらいから発生してきます。老視(老眼)はカメラで例えると、ピントがあう範囲が狭くなってきている状態です。特に近くのものを見る場合、焦点が合いづらくなります。遠視と似た症状ではあるのですが、遠視とは全く別のものです。

近視の人は老視(老眼)にならない はホント?

「近視の人は老視(老眼)になりにくい」などと言われますが、残念ながらこれは間違っています。老視(老眼)は、上記の通り、加齢とともにピント合わせが衰えてゆくものです。つまり、個人差はありますが、誰でも加齢と共に老視(老眼)になるということです。
ただ、近視の人は老視(老眼)になっても、近くを見る時にメガネをかけなくて済む方もいます(メガネを外さないと近くの物が見えない、とも言えますが)。メガネなしで近くが見える=目がよくなった ということで、近視だと老視(老眼)にならないと誤解されやすいのだと思われます。

ページトップへ戻る

遠近、中近、近近両用レンズの長所と短所

遠近両用レンズ

遠くから近くまで、1本で全ての距離を見ることができる。遠方がはっきりと見えて、近くも見ることが出来るレンズ

長所
  • 遠くから近くまで境目なしで見える。
  • 遠方用・手元用メガネをいちいち掛け替える必要がない。
  • フレームの縦幅が狭いレンズでも対応している専用レンズがあるため、かなり小振りなフレームを除けば、幅広く遠近両用メガネの作成が可能。→フレームバリエーションが豊富。
短所
  • 中間距離(例:デスクワークのパソコン画面)・近く(例:新聞)の視野が狭く、レンズの周辺部では少し歪みを感じやすい。

中近両用レンズ

お手元から少し離れた中間距離まで見ることができる。いわば、「少し遠くも見える老眼鏡」 遠近両用レンズの欠点である中間(パソコン)・近用の視野が広く、遠近両用に比べゆがみが少ないレンズ

長所
  • 室内仕事や家事が快適。
  • 手元から2~3m位まで見ることができる。
  • 手元部分は遠近両用レンズに比べて視野が広い。
  • ユガミがより少ない。
短所
  • 遠方は見えない。
  • つまり、外・運転・階段での使用は出来ない。
  • 縦幅の大きなフレームにしか対応できないレンズのため、選べるフレームに少し制約がある。

近近両用レンズ

お手元の新聞から少し離れたパソコン画面まで見ることができる。いわば、「手元が少しワイドに見える老眼鏡」

長所
  • お手元から、パソコン画面まで見えるのでデスクワーク専用メガネとして大変重宝する。
  • ユガミも少ない。
短所
  • 中間距離から遠くは見えない。つまり室内も見渡せない。

ページトップへ戻る

カラーレンズの効用

 

グレー系

用途が広く、年間を通して使える重宝するカラー。まぶしさを抑える効果が高いため日差しの強い日に最適。濃いめのグレーは顔を引き締めてくれる効果もあります。 自然な色調のまま見え、まぶしい光から目を保護します。

ブラウン系

どんな服装にも合わせやすく、使う場面を選びません。青色の光を遮断してくれるので、物が細部まで鮮明に見えるカラーです。肌色に近いため、堀の深い顔に見せる効果も期待できます。

グリーン系

目に優しく、視界が最も自然に見えるカラー。気持ちをリラックスさせてくれる効果もあります。ファッション面では、個性的なコーディネイトが楽しめます。

ピンク系

女性に人気のあるカラーで、肌を綺麗に見せてくれる美肌効果があります。いわゆるまぶしさよけの性能は低いですが、ファッション感覚で楽しむカラーと言えます。

イエロー系

芸能人の方も愛用している方も多い、ファッション性の高いカラー。晴天でも曇りでも関係なくオールラウンドに使え、 日陰や夕暮れの時なども対象物の輪郭がはっきり見えるという特徴があります。まぶしさを抑えるより、コントラストを高めることを期待するカラーです。

オレンジ系

基本的にイエロー系と同じ効果があります。ファッション性が高く視界が明るいので、スキーやスノーボードのゴーグルにも使われるカラーです。

パープル系/ローズ系

上品で神秘的なイメージがあり女性に特に人気のあるカラーです。効果は肌を綺麗に見せてくれます。

ブルー系

爽やかなイメージがあり、特に夏場にとても似合い重宝されるアイテム。黄色の光線を20%ほど減らすので、昼間の強い陽射しや車のヘッドライトなどに対して効果大です。

キャンペーン

  • メガネ赤札堂×キャンペーン
  • 人気ブランドフレーム¥10,000均一!
  • メガネが2本で¥7,000
  • 遠近両用メガネ¥10,000均一!
  • RayBan・POLICE¥10,000均一!
  • メガネ赤札堂新店舗オープン