日本最安・最多の品揃え メガネ・補聴器ならメガネ赤札堂

フレームについて

FRAME

一流メーカーのこだわりフレームが赤札価格!!

メガネ赤札堂では、「本当に良いフレーム」を
多数ラインナップしております!

  • 最大2万2千本の
    地域最大級の
    ラインナップ

  • 最安の2,800円から
    高級な10万円まで、
    多数の価格帯を取り扱い

  • 一流メーカーのレンズが
    セットになった
    税込みポッキリ価格

メガネ赤札堂は、安さだけでなく「フレーム」にもこだわっています!

メタルフレーム

メタル素材のフレームは、ビジネスやフォーマルなシーンにも適応し、線が細く顔なじみが良いため、幅広い年代から人気があります。
メタルフレームに使われる素材は、弾力性が高く顔にフィットしやすいことが特徴です。
プラスチックフレームに比べ必要な素材の量が少なく、細くて軽いフレームを作ることができるため、安定した付け心地を実現します。
デザインの豊富さではプラスチックフレームに適いませんが、シャープなデザインならメタルフレームが得意としています。
カラーコーティングが可能な場合もあり、男女問わずお使いいただくことができます。また、プラスチックフレームよりも汚れにくく、寿命が長いこともメタルフレームを選ぶメリットです。
金属アレルギーの方はメタルフレームを選ぶ際には注意が必要です。メタルフレームに多く使われるチタンは金属アレルギーが生じにくい素材ですが、人によってはアレルギー反応が出てしまうことがあります。
今までにアレルギー反応を起こしたことがある方やアレルギーが不安な方は、あらかじめどんな金属でアレルギー反応が出てしまうのか把握した上で、購入前に素材を確認することが重要です。

チタン

耐食性に優れているためアレルギーが起こりづらい上、鉄の半分の重さで軽く扱いやすいためメタルフレームの主流です。
塩分による錆びがほとんどないため、汗に強いという特徴があります。

NT合金(形状記憶合金)

形状記憶合金とはニッケルとチタンを原子数比1:1で混ぜた合金です。形状記憶合金は通常合金よりも25%軽量で、純チタンとほぼ同等の耐蝕性を持っています。
また、曲げても元の形状に戻る「超弾性」の特性と、ある温度以下で変形させたものが加熱によって変形前の形状に戻る「形状記憶」の特性があるためフレームが型崩れしづらく、快適なフィット感が持続します。
ただし必要以上に強く曲げたり、何度も何度も繰り返せば金属疲労を起こして、ときには材料が折れる場合もあります。

βチタン

チタン合金の一種ですが、素材メーカーにより作り方が違い、βチタンといっても数種類あります。一例として、チタン74%、バナジウム22%、アルミ4%などの成分で出来ています。
従来のチタンに比べ、熱に対する強度とバネ性に優れ、主にテンプル(メガネのツルの部分)に使用されています。
陽極酸化という表面処理により、鮮やかなカラーリングができます。

ゴムメタル

(株)豊田中央研究所が開発したゴムメタルはメガネ以外にも使用される新材料で、金属でありながらゴムのような性質を示す不思議な合金です。
ゴムまりのように柔らかくしなやかで、しかもチタン合金よりも高強度で腰が強いです。
一般の金属は加工すればするほど硬くなる性質(加工硬化)を持っていますが、ゴムメタルは加工によって一切硬くならず、熱にも強く、溶接しても軟化しません。
また、一般のチタン合金よりもはるかに錆びにくく軽く、しかも人体にやさしい金属です。

金は腐食に対し非常に強く、空気中や水中では永久に変色しないのが最大の特徴です。
しかし、純金は比重が19.3と重いうえ、メガネフレーム素材としては柔らかすぎるため、銅、銀、ニッケル、パラジウムなどと合金にして、18金や14金として使われます。
配合比率により色が変わるため、ホワイトゴールド(WG)やピンクゴールドなどの金合金も作られています。

プラスチックフレーム

プラスチックフレームの最大の特徴は、丈夫さとデザイン性が豊富なことです。小ロットでの生産がしやすく、多様なデザインやカラーに対応することができます。メタルフレームだとある程度デザインが限られてしまいますが、プラスチックフレームならストーンをはめ込んだり、模様を彫ったりといった加工も比較的簡単で、メタルフレームにはないデザインが可能になります。
一方、付け心地はメタルフレームに劣ってしまいます。メタルフレームに比べると柔軟さに欠けるため、顔に合わないフレームを使い続けていると痛みを感じる場合があります。
また、プラスチックフレームで頑丈さを出すためにはメタルフレームよりも多くの素材が必要です。
必然的に質量が増してしまうので使っているうちに耳や鼻に痛みや負担を感じることもあります。
プラスチックフレームを購入する際はフィッティングが重要となります。軽量性や可動性を重視しながら、顔に合った負担の少ないフレームを選びましょう。

アセテート(セルフレーム)

最近はセルフレームといえばほとんどがアセテートになっています。
原料に天然セルロースを使っており、アセテートはセルロイドに良く似ているためパッと見では見分けづらいですが、セルロイドよりやや軽く、弾力性は劣るものの燃えにくいのが特徴です。

TR-90(エンジェルフレーム®)

※エンジェルフレーム®は、赤札堂の商標登録です。

グリルアミド系樹脂で、超軽量で軽くしなやか。まるで天使の羽のようなかけ心地です。
もともとは医療系素材ということもあり、アレルギーのある敏感肌にも安心してお使いいただけます。
かけくずれもしづらいことから、取り扱い量も急激に増え、プラスチックフレームの主流になりつつあります。

ULTEM(ウルテム)

こちらも新素材。TR-90よりさらにしなやかで、非常に壊れにくく、軽さが特徴のフレームです。
激しい動きにも耐え、かけくずれもしづらいです。スポーツ用にも最適です。

メガネ赤札堂ではメタルフレーム、プラスチックフレーム共に様々なフレームを
お値打ちにご提供します。
豊富な品揃えであなた好みの一本が見つかります!